現役アナウンサー40名が講師
ビジネスコミュニケーション研修

「うまくコミュニケーションが取れない」「会話が苦手」・・・
どんな方でも、別人のような印象を与えることができるようになります。

  • 講師は
    「声・話し方」の
    プロ現役
    アナウンサー
  • 一度で効果を実感80%以上
  • 研修実績800社以上

瞬時に相手と信頼関係を構築する
コミュニケーション“プロ”
アナウンサーが講師

牧山 あゆみ

日本トランスオーシャン航空株式会社 客室乗員部、NHK沖縄局キャスター、NHK水戸局キャスター、NHK岐阜局キャスター

アピールポイント
優しく楽しく!あなたの魅力を演出します

松田 玲奈

NHK千葉

アピールポイント
個々が最短で成長できるアドバイスをお伝え

小林 史子

石川テレビ放送、テレビ山梨

アピールポイント
ご自身の魅力をスピーチで最大限引出します

鈴木 麻夏

テレビ金沢アナウンサー、千葉テレビ放送ニュースキャスター、ラジオ日本ニュースアナウンサー

アピールポイント
“なりたい自分”を共に作り上げる
講師一覧を見る

導入企業

  • 日本マイクロソフト株式会社様
  • シスコシステムズ合同会社様
  • サントリー食品インターナショナル株式会社様
  • 蔦屋書店様
  • 東京ガス様
  • 株式会社リコー様
  • 住友生命保険相互会社様
  • トレンドマイクロ株式会社様
  • 東急リバブル株式会社様
  • Sky株式会社様
  • 株式会社リンプレス様
  • 株式会社識学様
  • 株式会社メンバーズ様
  • 明治安田生命保険相互会社様
  • 東京フットボールクラブ株式会社(FC東京)様
  • 大樹生命保険株式会社様
  • 株式会社プリンストン様
  • 学校法人拓殖大学様
  • 住友セメントシステム開発株式会社様
  • 日本ヒューレット・パッカード合同会社様

KEE‘Sの“コミュニケーションスキル”の考え方

コミュニケーション能力は個々の素養と諦めていませんか?
コミュニケーションを性格や育った環境のせいにしてしまうのは大きな間違いです。
コミュニケーションはスキルですので、自身の行動によって身につけることができます。
正しい方法を学び、練習することで日頃から習得できる技術なのです。
どんなビジネスでも、お客様と人間関係を築き、最後は自分の言葉で語り、相手を説得せねばなりません。

「コミュニケーション能力のあるとないとでは年収に1.85倍の開きがある」
(ハーバードビジネススクール調べ)

欧米では、コミュニケーション能力に勝るビジネススキルはないと認識されるほど重要なもので、
多くの企業でコミュニケーション研修が積極的に取り入れられています。
日本企業でも、ここ数年コミュニケーション研修のニーズは増大傾向にあり、
若手や中堅だけでなく、リーダーシップが求められるマネジメント層も受講しています。
技術力を生かし、業務の生産性をさらに高めるために
職場でのコミュニケーション力はなくてはならないスキルです。

対人力
好印象を与える能力

(発声、発音、表情、
立ち居振る舞い、傾聴力、
ビジネスマナー)

思考力
相手から引き出す能力

(話題の選び方、会話の運び方
質問力、論理的話法・・・)

コミュニケーション上手=2つの力を持つ

KEE’Sでは、コミュニケーション技術を体系立て、
ファーストステップからお教えしますので、
どんな方でも印象アップが見込まれます。

KEE’Sの「ビジネスコミュニケーション研修」
プログラム

コミュニケーション
研修
営業
コミュニケーション
研修
リーダー
コミュニケーション
研修
対象 全階層 営業職 チームリーダー・管理職・部⾧職
推奨人数 5~10名 5~10名 5~10名
時間 6時間 6時間 6時間
費用 40万円 40万円 40万円
カリキュラム ●現状スキルチェック
(初対面時の振る舞いチェック)
●初対面の相手と信頼関係を築くプロセスの理解
●好印象を与える挨拶の仕方
●名刺の渡し方ブラッシュアップ、
姿勢の確認
●アイスブレイクテクニック
●アイコンタクトの取り方
●笑顔の使い分け
●スモールトークの仕方
●アナウンサー流傾聴法&聞きたいことを
引き出す質問テクニック
●ラストインプレッションの上げ方
●スキルチェック
●現状スキルチェック
(初対面時の振る舞いチェック)
●初対面の相手と信頼関係を築くプロセスの理解
●好印象を与える挨拶の仕方
●笑顔の使い分け
●アイスブレイクテクニック
●アイコンタクトの取り方
●スモールトークの仕方
●アナウンサー流傾聴法&聞きたいことを引き出す質問テクニック
●営業のヒアリングポイント
●お客様に分かりやすいロジカルな話し方のコツ
●提案実践
●リーダーコミュニケーションとは?
●信頼されるリーダーの方程式
-「感じる力」×「聴く力」×
「伝える力」×「導く力」
-4つの力を身に付ける
●自己を客観視する
●部下とのコミュニケーション実践
●リーダーとしての使命と課題の明確化

KEE'Sの「ビジネスコミュニケーション研修」が選ばれる理由

1.日本最大級『アナウンサー』による研修会社。講師の満足度が高い

KEE’S講師はすべて放送局出身のアナウンサー。講師希望の中から採用するのはわずか3割ほどで、スキルだけでなく、教えることへの熱意や人格を重視しています。厳しい採用基準の中選定され、研修を積んだアナウンサー講師だけを派遣致します。そのため、多くのお客様が担当講師をリピートされるほど、ご満足いただいております。

受講者様の感想 『KEE’Sのビジネスコミュニケーション研修を選ぶ理由』
先生の話し方や、表情、立ち居振る舞いを見ているだけでも勉強になった。
話す事で人を惹きつける力、コミュニケーション力のすごさをアナウンサーから学ぶことができた。
受講者全員に親身になってくれたので、心を開いて研修を受けられた。

2.コミュニケーションスキルが明確に改善される

KEE’Sのモットーは『1度で、だれでも、必ず変わる』カリキュラムの提供です。スピーチ力やコミュニケーション力を、性格や育ってきた環境のせいにして諦めてしまう方が多いのですが、これらはすべて『技術』です。正しい方法とトレーニングで、『1度で、誰でも、必ず』今までの自分とは違った自分を発見していただくことができます。職場でのコミュニケーションも受講前より活性化されることを実感いただけるはずです。

受講者様の感想 『KEE’Sのビジネスコミュニケーション研修を選ぶ理由』
今まで受けた研修のどの研修よりも楽しく、身についたコミュニケーション研修だった。またぜひ受けたい。
教えてもらったトレーニングを毎日継続していきたい。声や口の開け方を本気で改善すれば仕事が変わると思う。
カメラ考査で、最初の撮影と比べて、最後の動画は別人のように明るい自分で話すことが出来た。自分でもびっくりしている。

3.アナウンサーが教える『印象』『話し方』『聞き方』の秘策

話し方のプロであるアナウンサーが、トレーニングや経験で培った技術を、一般の方が、短期間で習得できるよう開発された、独自のプログラム(VLPメソッド)です。アナウンサーの技術を企業研修に活かせるカリキュラムは69,000名以上の話し方を改善する中で研究と改良を重ねてきたKEE’S独自のメソッドです。

受講者様の感想 『KEE’Sのビジネスコミュニケーション研修を選ぶ理由』
何をすればコミュニケーション力が改善できるのか、トレーニング方法がとても分かりやすかった。
どのトレーニングも、短い時間で出来るのにも関わらず、効果がすぐ実感できた。
プロのテクニックなのに、どれも簡単につかめるように、内容や教え方が徹底されていた。
これがアナウンサーのプロのテクニックなのかと思った。

4.個々人の課題を見極め、確実に上達させるカメラ考査

学びの第一歩は、まず現状を把握し、改善目標を立てることから。自分の話している姿をあらゆるトレーニング段階で撮影し、確認しながら学ぶ点は、受講者の多くが『研修の良さ』として挙げています。普段何気なく話している職場での自分自身の話し方を客観的に見ることができます。

受講者様の感想 『KEE’Sのビジネスコミュニケーション研修を選ぶ理由』
悪いところの指摘だけでなく、どうすればコミュニケーション力が改善できるか具体的なトレーニングを教えてもらい、実際に改善できた。
Before⇒Afterのカメラ考査で、悪いパフォーマンス、良いパフォーマンスを明確に知ることができ、プレゼン時のパフォーマンスの基盤を作ることができた。
グループワーク形式なのに、個人に合わせたアドバイスをきちんとしてくれる。他の人が受けている指導も参考になった。

5.満足度99% 大手企業を含めた豊富な研修実績

アナウンサーが講師を務める研修会社としては、日本最大級のKEE’S。常時、40名を超えるアナウンサー講師が在籍しています。アナウンサーが個人で研修を請け負う会社とは違って、大手企業との取引実績が多く、ご希望のヒアリングや現状の調査、分析、フォローアップまできちんと対応させていただきます。また、講師が多いので、研修の日時もご希望通りに実施できます。

受講者様の感想 『KEE’Sのビジネスコミュニケーション研修を選ぶ理由』
最初の訪問の際の印象がとてもよく、こちらの要望や悩みにぴったりのカリキュラムを提案してもらえた。
会社全体の社員の育成について悩んでいたとき、KEE’Sさんを紹介されて、すぐにお願いした。コミュニケーションスキルは新人から社長まですべての階層に必要だと実感している。

ビジネスコミュニケーション研修の成功のポイント

コミュニケーション研修は、受講するだけではなく業務に戻ってから実務でも使えることが重要です。ビジネスコミュニケーション研修を成功させるポイントをお伝えします。

  • POINT01
    目的を明確にする
    まずはビジネスコミュニケーション研修の受講の目的を明確にすることが大切です。コミュニケーションを取る相手が上司なのか、顧客なのかによって必要なスキルは異なります。また、組織のコミュニケーション活性化を図りたいのか、認識の齟齬が起きない伝え方を身につけたいのか、課題はさまざまです。KEE’Sではご希望の内容のヒアリングや現状の調査、分析までサポートしておりますので、課題に合わせたメニューのご提案が可能です。
  • POINT02
    実践型のビジネスコミュニケーション研修を受ける
    ビジネスコミュニケーション研修には、知識を学ぶ学習型と実際に使えるスキルを身につける実践型の研修があります。実務で使えるコミュニケーションを身につけたい場合は、実践型のビジネスコミュニケーション研修を受講しましょう。KEE’Sでは実践重視の研修で『1度で、だれでも、必ず変わる』カリキュラムを提供しています。
  • POINT03
    研修後の振り返りを行う
    研修はやって終わりではなく、その後の振り返りが重要です。学んだことを意識しながら業務中に実践してみて、その日学んだことができたかを振り返ることで、成長を実感し、モチベーションを維持しながら継続することができます。KEE’Sではフォローアップまで対応いたしますので、確かなスキルを身につけていただくことが可能です。

ビジネスコミュニケーション研修の関連事例

KEE‘Sの企業研修は、これまでに大手・グローバル企業をはじめ800社以上が導入し、満足度99%以上の評価をいただいています。

よくある質問

Q具体的にコミュニケーションの何が改善されますか?

コミュニケーション研修は、初対面の出会いから別れ際までをステップに分け、各場面に必要な要素をすべてお教えします。表情や立ち居振る舞い、話し方、傾聴などロープレを通して、実践的なスキルが身につき、社内、顧客とのコミュニケーションが改善されます。

Qどれくらい効果があるのでしょうか?

KEE’Sの企業研修でお願いしているアンケート調査では、1回の研修を実施して、「印象や話し方が変わった」「コミュニケーションに自信が出た」と回答される方は、98%を超えています。

Q何人から研修できますか?少人数でも可能ですか?

はい。少人数でも実施可能です。ロープレなどの時間が多く取れますので、1クラス5~10名様のご受講をお勧めしております。

Q費用について詳しく知りたいです。

研修内容や講師によって異なります。詳細はこちらからお問い合わせください。

関連コラム

メディア掲載実績一覧

雑誌やテレビ、新聞など様々なメディアで取り上げられています。

KEE'Sは日本最多の現役アナウンサー40名が講師を務めており、放送局出身アナウンサーがプロとして培ったスキルを分かりやすく体系化してトレーニングしています。そのノウハウに注目いただき、多くのメディアで取り上げていただいています。

階層別

資料ダウンロード