コラム

「おもてなし規格認証制度」認定人材育成プログラム CGuest Service Professionalのご案内

自分の言いたいことを分かりやすく伝えるスキル

自分の言いたいことを分かりやすく伝えるスキル
好印象を与えることと同じくらい重要視されているのが、「短時間で、わかりやすく、要点を印象深く」伝えるテクニック

 

1.「短時間で、わかりやすく、要点を印象深く」伝えるテクニック

好印象を与えることと同じくらい重要視されているのが、「短時間で、わかりやすく、要点を印象深く」伝えるテクニックです。
友だち同士の雑談と違って、ある程度、まとめて話をしなければなりません。例えば、上司に報告するとき。

・NG

「課長、あの~例の案件ですが、A社から見積が上がってきまして、ちょっと高いかなという感じなんですけど…」

→上司にとって必要な情報が入っておらず、「え?例の案件って、見積って具体的に何の?高いっていくら??」と聞き返されてしまいます。

 

2.「論理的な話の構成」で話すことが大切

・OK

「課長、A社に依頼している研修の見積が上がってきました。3時間で8万円の見積で、当社の予算である5万円を上回っています。」

→要点を分かりやすくまとめて報告しているので、相手にストレスを感じさせず、時間を無駄にしません。

会議やプレゼンテーション、商談などでは、さらに大人数を前にして話します。
相手にいちいち「どういうことですか?」「具体的な数字は?」と聞き返してもらい補足する、ということができません。相手が理解しやすいように、「論理的な話の構成」で話すことが大切です。

KEE’Sの企業研修

  • 話し方研修
  • スピーチ研修
  • ビジネスコミュニケーション研修
  • 傾聴研修
  • プレゼンテーション研修
  • ロジカルプレゼンテーション研修
  • コールセンター研修
  • 接遇研修
  • おもてなし研修
  • 新入社員研修
  • ビジネスマナー研修
  • 電話応対研修
  • 講演会・セミナー
  • キャリアアップ助成金

関連コラム

お気軽にお問い合わせください

03-6721-9657
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 同業比較もできる!コミュニケーション診断
  • 無料研修デモ
  • 03-6721-9657
  • 話し方教室・話し方講座 KEE'S