コラム

「おもてなし規格認証制度」認定人材育成プログラム CGuest Service Professionalのご案内

聞き手を引き込む!プレゼン、スピーチ構成の鉄則

ビジネスのプレゼンやスピーチをする前には、きっと当日読む文章構成を事前に作成することでしょう。その構成においてどんなことを意識していますか? 「5分間のスピーチを任されたけど、そんなに長く話すことがない」・「3分もお客様を飽きさせない自信がない」などというお話をよく聞きます。しかし、聞き手を引き込むためには、文章の流れや骨組み、文字量と共に大切なのが「内容のバランス」であり、時間はそれほど大きな問題ではありません。今回は、プレゼンやスピーチを構成するときの鉄則をご紹介します。

プレゼン・スピーチ構成の鉄則1:「経験談」と「一般論」をバランスよく

まず、プレゼンやスピーチの内容が活きるためには、以下の2つの要素がバランスよく入っていることが条件となります。


・経験談
話し手のパーソナリティが伝わるエピソード、自分の過去の体験や思ったことなど。

・一般論
聞き手にとって有益な知識、タメになる一般的な情報など。

どちらか片方だけで構成されたスピーチは、聞き手の満足度が低くなってしまいます。

たとえば、「最近、私の身近でこんなことがあって……」といった経験談だけで終わってしまうようでは、単なる雑談にしかなりません。反対に「最近テレビでこんなニュースをやっていましたが……」といった一般論だけで構成された話は、オリジナリティに欠ける上、どこか理屈っぽい印象を聞き手に与えてしまいます。

だからこそ、経験談と一般論の両方が入っていることで、よりスピーチに厚みを持たせ、聞き手を引き込むことができるのです。

プレゼン・スピーチ構成の鉄則2:「経験談→一般論」の順番で

そして、プレゼン・スピーチを構成する上での理想的な流れとして望ましいのは「経験談→一般論」です。

まずは、誰にとっても身近な経験談からスタートして、その後、数字などのデータや本や新聞などから得た知識を使った一般論に発展させて、聞き手を納得させていきましょう。これによってスピーチに厚みが出て、聞き手に「タメになったなぁ」と思わせることができます。

例えば「経験談」を自分の考えやお客様の声などの実体験、「一般論」をデータ、統計などにするとよいでしょう。違う視点から見た複数の「理由」をあげることで、結論に説得力が生まれ、相手を納得させやすくなります。

【実際のスピーチ例】
私の好きな言葉は「ニイハオ」です。その理由は2つあります。私の妻は中国人で、彼女が朝・昼・晩、メールをくれるのですが、その書き出しがいつも「ニイハオ」なのです。なぜ、いつも「ニイハオ」なのだろうと思っていたのですが、中国語では朝も昼も夜も「ニイハオ」と挨拶をするのです。ちなみに「ニイハオ」は「あなた」「好き」と書きます。それも私が「ニイハオ」が好きな理由です。

●経験談
①好きな言葉はニイハオ
②妻は中国人
③朝・昼・晩、メールをくれる妻
④挨拶はいつでもニイハオ

●一般論
⑤ニイハオの意味
⑥中国では朝でも夜でも挨拶はニイハオ
⑦ニイハオは漢字で「あなた、好き」

この2つの基本鉄則を常に意識すれば、短い1分~2分程度のスピーチも、10分以上の長いプレゼンも、聞き手を十分に満足させることができるようになります。

KEE’Sの企業研修

  • 話し方研修
  • スピーチ研修
  • ビジネスコミュニケーション研修
  • 傾聴研修
  • プレゼンテーション研修
  • ロジカルプレゼンテーション研修
  • コールセンター研修
  • 接遇研修
  • おもてなし研修
  • 新入社員研修
  • ビジネスマナー研修
  • 電話応対研修
  • 講演会・セミナー
  • キャリアアップ助成金

関連コラム

お気軽にお問い合わせください

03-6721-9657
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 同業比較もできる!コミュニケーション診断
  • 無料研修デモ
  • 03-6721-9657
  • 話し方教室・話し方講座 KEE'S